Who is ふぅ? フェアドルとの日々

フェアドルについて垂れ流し。たまにセラムンとサンリオ。

文房具のこだわり

 こんにちは。
ふぅです。

いつもはフェアドルの話ばかりですが、今日は私のこだわりに関して記事にします。

実は、私は文房具大好きさんなのです。

f:id:huu_san:20160421184359j:plain
お気に入りのペン:メッセージペンシリーズ

最近でこそ、忙しさから収まりましたが、以前までペンとか集めまくってました。
いまだにノートと付箋はついつい購入してしまいます。

 さて、皆さまには文房具へのこだわりはあるでしょうか?
私はかなりこだわりがあります。という記事です。


まずは、何にせよ手のなじみの良さ

どんなに美しいフォルムでも、手になじまないとダメなんですよね。
特に、筆記用具は実際に購入して、何度も握って書いてを繰り返します。
その中で気に入ったものを、数本ストックして使い倒します。
また手が汗ばむ時期、かじかむ時期は、それだけでお気に入りのペンが苦手になってしまうのです・・・。

それから、やっぱり見た目の良さ

私は、レトロな見た目の文房具が好きです。(レトロの基準は私の基準)
派手すぎないシンプルなデザインや大きさ、微妙な色合い・・・。
色・フォルムの美しさは当たり前ですが、質感も私の中では重要な要素です。

チープなペンなら少しつやつやしていると、嬉しくなります。
高級なボールペン・万年筆はメタリックな輝きを纏っていてほしい。
ノートはツルツルよりも、少しザラザラしたくらいが心地いい。

ちょっと気持ち悪い人になってきましたね(笑

携帯性の高さ決め手です。

私は、女性にしては荷物が少ないらしいです。
確かに、他の女性に比べてかばんは小さいし、サブバックは持ち歩かないなぁ。
それゆえ、スリムなデザインを好みます。
持ち歩く物の数も極限まで絞るので、その分文房具にこだわるのかもしれません。
f:id:huu_san:20160421133340j:plain
手帳はマンスリーのReptila。自分のは汚いので、画像引っ張ってきました。

挙げだしたら止まらないので、これで最後にします。
他の文房具との相性の良さです!

色、質感、フォルムが一緒に持つ他の文房具に馴染んでくれないと嫌なんです。
ノートはレトロなのに、ペンは近未来的!とかが許せない・・・!
ファッションと同じで、外しアイテムでもトーンは合わせません?
はい、とてもおバカですね。

あ、余談ですが、ノートはできる限る方眼紙がいい派です!

文頭も文字の間隔もきっちりと揃うし、線も引きやすい!
私のようなデジタルネイティブ世代・ミレニアム世代と呼ばれる方には、デジタル入力に近くて見やすいんじゃないかと、勝手に思っています。
あと、付箋にいっぱい書いて貼る、付箋ノートの作成にも適してますよ!
f:id:huu_san:20160421133418j:plain
愛用はRollbahn。サイズはLかA5たまにXL。後ろのポケットは付箋でパンパン。こちらも画像引っ張ってきました。


付箋といえば、私は黄色が好きです。
ピンクはすごくどぎくて、目がしばしばするので苦手です。
可愛いデザインのはなかなか使えなくて、溜まっていく一方です。

気持ち悪いくらいに、文房具に関して書いてきました。
文房具ってこだわるべき物だと思います。
ペンと紙で文字を書くのって、自分が1番出るところだと思うんです。
と、ブログに書いてるのは、説得力ないですよね~
皆さまも文房具を少し見直してみてはいかがでしょうか?


注意

‐記事の内容は、あくまでも個人の感想です。
-個人の特定を懸念して、画像は公式サイト様より引っ張ってきたものになります。ご了承ください。
‐ブログ内の画像、文章の転用はご遠慮ください。